管理人様。いつも楽しく拝見しています。今回は私がハッピーメールで人妻熟女の「優実さん」と出会ってその日にセックスした体験談を告白します。

ハッピーメールで人妻熟女にあう。
ぶっちゃけ、プロフィールは全く見ていませんでした。
可愛い感じの人に、たくさんのメールを送りました。
で、返事が来た人とやり取りした感じです。

で、マッチした相手でどうしてその相手がいいなと思ったのかというと、まだ自分が抱いたことのない都道府県の出身者だったからです。当時、47都道府県の女を抱いてやるという目標があったので(笑)。その相手の人は熊本の出身の方で、まだ抱いたことのない県だったので、よっしゃ!と思って食事に誘いました。
熊本までは車で行ける距離です。

挨拶と共に、お互いの共通点を話しました。そんで、なぜいいねをしたのか、理由を自然に述べましたね。
自分の出身が九州だったので、こんにちはーという会話から、「熊本生まれなんやね!俺も九州ばい!」みたいな感じで話しかけました。

そして、芸能人の○○に似ているよね!タイプだったからいいねしたわ!みたいに言いました。そしたら、相手も「そうなんや!奇遇やね!」とか、「ありがと!」とか返事がきましたね。それ以降も会話が続いた記憶があります。
ラインに移行しました。移行のやり取りとしては、「LINEに移行して話したい」ってストレートに言いましたね。
相手も良いよ!って言ってくれました。移行がスムーズだったのは、タップル上で1週間ぐらいやり取りをしていたからかもしれません。これまで必死にLINEで話そう!とかメッセージしたら、一切メッセージが返ってこないことが何度かあったので、できる限り相手の警戒心を解こうと思っていました。案の定相手は心を開いてきましたね。
挨拶、マッチのきっかけを話したのちには、出身の話や仕事の話をしました。趣味の話もしましたね。
共通の趣味としてお酒が好き、というのがあったので、今度飲もうとかアプローチをしていました。
そして、下記は1~2週間くらいやり取りを重ねてた後に、実際に約束を取り付けた際のやり取りです。

俺:いま長崎で働いとるとよね?
女:そうそう!
俺:今度地元帰るついでに、長崎にも行くとけど、よかったら飲みにいこうで!
女:いいね!飲むのは好きだよ!
俺:ありがと!じゃあこんな店はどう?(店のURL)
女:おいしそう!いってみたい!
俺:じゃあ予約しとくね~!当日はよろしく!

みたいな感じでした。

木村佳乃に似てる美人と出会えた!


女優の木村佳乃さんに雰囲気が少し似ていましたね。しかも人妻熟女なので、興奮する!!全然抱ける!とか思いました。

初めまして。と挨拶をしたのちに、お時間頂きありがとうございます。と。
仕事の話とか、ここに来るまでに何した?とか会話してました。
ホテル行く前に、居酒屋に行って2時間ほど一緒に飲みました。そこでは、仕事の愚直とかお互いの趣味について話をして、その流れで、なんでハッピーメール始めたの?って話をしていて、女の方は、「仕事で出会いがないのと、単純に気軽に話せる友達づくりをしたかった」と言ってました。
「旦那は浮気ばかりしていて、愛人のところへ泊ることが多々あり、家にあまりかえってこない」
とも言っていました。
結局寂しいんですね。。。

とはいえ、会話してて思ったのは、かなり性欲溜まっているんだろうなという印象でした。自分を見つめる目が完全にやりたい女の目でしたから。建前を言っているんだな、と思い、今日は抱けると確信を持ちましたね。性生活の話は、なんか生々しいかんじがして嫌だったので、僕からはしませんでした。

女の自宅にいくまで

店を出て駅まで向かう途中で、「お土産で買ってきたワインを一緒に飲もう、もう少し一緒に居たい」とストレートに伝えました。
出会うまでの会話で女がお酒が好きということを仕入れていたので、迷わず手土産にお酒を用意していきました。
女は戸惑った様子でしたが、「じゃあ少しだけ・・・」ホテルへ一緒に歩いていきました。

会ったその日にセックス!めちゃ興奮

ホテルに入り、ワイングラスを用意して、二人でワインを飲みつつTVを見ていました。
さりげなく彼女の頬や耳をタッチしてみると、嫌がる素振りはみせませんでした。そこで、私は彼女の耳にキスをしました。彼女の体は少し身震いしていました。ここでも拒否はありませんでした。

私はそのまま、頬にキスをして、少しじらしてから、女の唇にキスをしました。

少し舌をいれてみると、相手もそれに応じ、互いの舌を朱のワインの交じった唾液とともに絡めました。私はおもむろに彼女をお姫様抱っこして、そのままキスをして、優しくベッドへと寝せました。そこから、首筋、胸元を愛撫した後に、彼女の乳首を、指で円を描きつついやらしく触ってやりました。彼女の甘き吐息が漏れ、わたしも興奮し、濡れはじめました。そして、彼女の乳首を口に含みつつ、無心で舐りました。

それと同時に彼女の下着に手を入れ、陰部をさわってやりました。

濡れてやがりました。その日会った男に股を開き、そして濡れているこの女の性欲が暴かれた瞬間でした。陰部のやわらかい肉感を触り、そして私の唇で少しずつ陰部にもキスをして、いよいよと彼女の快感の核を舐めました。何度も。じっくりと。

すると、女の深く漏れるような喘ぎが繰り返されたのちに、「…もう挿れて」と一言。私はすっかりと大きくなったものを女の秘部へと、すこしずつにゅるにゅると侵入させました。正常位。さらにけたたましくなる女の声。正常位の彼女の反応を見て、正常位よりもバックで突いてあげた方が喜ぶ体質だと判断した私は、女の体をくるりと回転させ、四つん這いにさせました。少しむちむちとした体形でわかるように、彼女の尻は少し大きくとても柔らかかったです。

尻をもみ、少しスパンキングすると、女は「あぁッ」とその都度反応しました。女の中は暖かい蜜であふれていました。しばらくつき続けて、我慢できず、いってよいかと言葉を漏らすと、「いっていいよっ・・・」との返答。より一層激しくつき、ああぁという響きと共に、彼女の中にすべてを出し尽くしました。バックの体制にも関わらず、首を反らして、キスを迫るその姿が卑猥で少しかわいく思えました。

出会い系以外でこのような経験ってできないですよね。
私は毎日ハッピーメールにログインして、やれそうな女がいないか探しています。
最近はPCMAXも登録して二刀流でせめていますよ!(笑)

出会い系 人気ランキング!

ハッピーメール 攻略 方法 出会い方

ワクワクメール 攻略 方法 出会い方

PCMAX 攻略 方法 出会い方